塗装現場レポート

千葉県四街道市にて防水工事

2019.6.26

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県四街道市内のお客様邸にて防水工事のご依頼を頂きました。
 
既存のコーキングを取り除き、打ち替えを行うのが今回のメイン工事です。
 
コーキングとは、防水工事の際に使う防水シール材のことです。
 
このコーキングは防水性がとても高いのですが、長年野ざらし、雨ざらしの環境で太陽光を浴び続けていると、写真のようにひび割れてきてしまいます。
 
こうなってしまうとひび割れた所から雨水が侵入してしまい、建屋内に雨漏りを起こし、基礎の腐食等を引き起こしてしまうため、雨漏りが起きる前に打ち替えが必要になるのです。
 
既存のコーキングはカッターや専門の工具を用いて取り除くのですが、これがとても力のいる作業なのです。
 
コーキングは施工時はドロドロとしているのですが、硬化してしまうと弾力が出てきて、外壁と目地にぴったりと密着してしまうためです。
 
縁を切りながら進めて行きますが、取り残しが無いよう気をつけます。
 
引き剝がしが終わると、清掃、養生、プライマー塗布などを行い、新規のコーキングを打って行きます。
 
塗装だけではなく防水工事も行います!
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声