外壁塗装の施工事例

千葉県千葉市中央区 S様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装

  • 千葉県千葉市中央区 S様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装

    Before

  • 千葉県千葉市中央区 S様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装

    After

担当からのコメント

千葉県千葉市中央区のS様邸にて、屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装を行いました!

 

施工前のお住まいの状態は外壁に汚れが目立っており、コーキングが劣化して隙間ができていました。

触ってみると指に粉が付く現象のチョーキング現象も発生していました。

チョーキング現象は、塗膜の中に含まれる成分が紫外線に当たる事で劣化し、粉状になって現れる、塗装時期の目安となるサインの1つです。

 

屋根は色褪せ、ひび割れ、カビや苔の繁殖、棟板金の釘の抜けかけなどが見られました。

 

他にも、帯板や破風板、軒天などの付帯部も塗膜が劣化して防水性を失い、カビや苔の繁殖や汚れの付着、塗膜の剥がれなどが見られた為、併せて塗装します。

「こんな症状には要注意」は、こちらのページです。

 

「色は白っぽい色がいい」との事でご希望をいただきました。

白などの明るい色は汚れが目立ちやすいので、特に汚れに強い塗料を提案させていただきました。

ホワイトの外壁に、屋根と付帯部は濃いグレーで決定しました。

「カラーシミュレーター」については、こちらのページです。

 

まずは汚れやカビ・苔などの不純物を落とす為、丸1日かけて高圧洗浄を行いました。

綺麗にしておく事で、下地と塗料の密着性を高め、塗膜が長持ちします。

 

コーキングは打ち替え工事を行いました。

古いコーキングを撤去して清掃し、施工箇所の周りをマスキングテープで養生しました。

そうする事で、コーキングを充填してマスキングテープを剥がすとまっすぐなラインになります。

プライマーという接着剤の役割をする下塗り材を刷毛で塗布し、乾燥後、新しいコーキングを充填しました。

コーキングはオートンイクシードを使用しています。

従来のコーキング材の寿命は3~5年程度でしたが、オートンイクシードは約20~30年もの寿命を誇ります。

「オートンイクシード」については、こちらのページです。

 

屋根の棟板金の釘も新しく打ち直した後に、釘頭にコーキングを充填して抜けにくいよう、補強をしています。

 

外壁には超低汚染性の塗料を、屋根は遮熱塗料で塗装をしました。

遮熱塗料は日光を効率的に反射し、屋根が熱くなるのを抑えてくれます。

室内に届く温度が軽減されるので、エアコン代の節約にもなります。

 

付帯部も塗装し、お住まい全体が美しく生まれ変わりました。

お客さまも仕上がったお住まいを見て、とてもご満足そうにされていらっしゃいました。

この度はご依頼いただき、ありがとうございました!

 

−N−

 

千葉県千葉市|外壁塗装・屋根塗装【(株)四葉建装】

施工内容屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装
外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声