金属サイディングカバー工法

築30年以上の外壁には 塗るより張るメンテナンス

金属サイディング

カバー工法

外壁の耐用年数は約30年! 住まいの未来を考えた

外装リフォームを

外壁は、塗装工事でメンテナンスを行なっていても徐々に劣化していきます。 外壁の耐用年数(寿命)は約30年と言われており、それ以降はお住まいの今後のことを考えてメンテナンスをしていく必要があります。 例えば売却の予定がある場合、外壁塗装ではなく張り替えやカバー工法などのリフォームが必要です。 四葉建装では、お住まいの寿命をより長くするために、金属サイディングによるカバー工法をオススメしています。

金属サイディングカバー工法の

3つのメリット

金属サイディングカバー工法の3つのメリット

外壁カバー工法とは、既存の外壁材に新しい外壁材を重ねる方法のことです。 金属サイディングのカバー工法を行うメリットをご紹介します。

1.遮熱性・遮音性が上がる!

遮熱性・遮音性が上がる!

カバー工法は既存の外壁材の上に新しい外壁材を重ねる方法です。外壁が二重になることで遮熱性・遮音性が上がります。

2.工期が短く済む!

工期が短く済む!

張り替え工事と比較すると、カバー工法では既存の外壁材を撤去する必要がないので、その分工期を短縮することが可能です。

3.張り替え工事と同じ耐用年数で低価格!

張り替え工事と同じ耐用年数で低価格!

カバー工法では張り替え工事と同じ耐用年数が期待でき、その耐用年数はおよそ30〜40年とされています。 しかし、既存の外壁材を撤去しなくて済むので、張り替え工事と比較すると低価格で施工が可能です。

金属サイディングのカバー工法を

行う際の注意点

施工不可の場合がある

施工不可の場合がある

既存の外壁材や住まいの劣化状況により、カバー工法を行えない場合があります。まずは外壁や住まいの状況を詳しく把握するために、無料点検をご依頼ください。

デザインが少ない

デザインが少ない

以前に比べて金属サイディングのデザインも随分と増えてきたものの、窯業サイディングと比較すると選択肢が少ないといえます。

耐震性に影響あり?

耐震性に影響あり?

壁の重量が重いほど地震の揺れに対する負荷が大きくなります。カバー工法は耐震性に影響があると懸念されますが、金属サイディングは軽量なので、耐震性にはほどんど影響のない範囲と言えます。

写真

金属サイディングの施工ができるのは「板金工事業者」に限られています。 四葉建装は板金工事許可を取得し、板金職人も在籍しているため、全て自社施工! 安心してご依頼ください!

人気の金属サイディング

「はる・一番」

四葉建装で金属サイディングのご依頼で人気No1なのがケイミューの「はる・一番」です。 はる・一番はデザイン性の良さだけでなく、コーキングなしでも雨水の侵入を防ぐ構造で優れた防水性を発揮するなど、高い機能性を誇っています。

塗装かカバー工法か迷ったら…

外壁のメンテナンスで大事なことは、現在の外壁の状況を知ることと、今後お住まいをどうして行きたいかに関わってきます。 例えば数年後にお住まいを売却する予定がある場合や、今後も長く住まう予定がある場合は、外壁のカバー工法を選んだ方が資産価値が保たれますし、住まいの寿命も長くなります。逆に取り壊しの予定がある場合は、外壁塗装で十分かもしれません。 塗装かカバー工法で悩んでいる場合は、当社へお気軽にご相談ください。 将来的なことを含め、お客様のご希望とご予算に応じたご提案をさせていただきます。

カバー工法に関するご質問や 無料見積もりはお気軽にご依頼ください

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声