外壁塗装のQ&A

工事について

  • Q. 屋根塗装や外壁塗装をしないとどうなりますか?

    屋根や外壁は使用されている部材により定期的な塗装メンテナンスが必要です。

    メンテナンスを怠るとお住まいの寿命は縮まり、雨漏りのリスクが高まります。

    なお、塗装が必要ない外壁はレンガ・タイル外壁のみです。

     

    塗装によって守られている屋根や外壁の劣化すると、紫外線や雨風の攻撃から守るバリアが無くなっていきます。

    劣化を放置すると、ひび割れや欠けなどが起き、そこから雨水が侵入するようになります。

    雨水が建物内部へ侵入すると、部材が腐食し、シロアリ被害に遭いやすくなります。

    そうなれば建物の耐久性は低下し、地震などによって倒壊してしまう恐れがあります。

     

    塗装工事は安い買い物ではありませんので、躊躇されるかもしれません。

    しかし、劣化を放置してしまう事により大掛かりな工事になり、高額な工事費用が発生する恐れがあります。

     

    塗料には耐候性・低汚染性・遮熱性など、製品によって様々な効果を持っています。

    お住まいを丈夫で綺麗に保つ為にも約10年に1度の塗装メンテナンスをしましょう。

     

    なお、当社では無料で現場調査・お見積りを行っています。

    調査したからといって必ず工事をしなければならない、という事はございません。

    現在の状態を知るだけでも問題ありませんので、お気軽にご利用ください。

    「プロが見る無料診断」については、こちらのページです。

     

    −N−

  • Q. アパートやマンションの工事も可能ですか?

    もちろん可能です。

    アパート、マンションといった集合住宅、店舗、ビルなどの施工実績も多数ございますので、どうぞ安心してお任せください。

     

    建物の見た目を変えたり、こだわったデザインにする事で入居率にも影響しますよね。

    屋根塗装や外壁塗装も、その為の手段になります。

    また、塗料の耐候性により、オーナー様にとって重要な資産、かつ収入源でもある建物の寿命を延ばす事もできます。

     

    不動産業者に手配を任せてしまうケースもありますが、当社ではご自宅の塗装工事を依頼するのと、ほとんど変わらない手順で施工ができます。

    不動産業者に丸投げするのをやめると、その際に発生していた中間マージンの分、お安くなり工事ができます。

    その分、質の良い工事を選択する事も可能になります。

    更に直接打ち合わせをする事でイメージの擦り合わせを綿密に行う事ができ、納得度も高まるでしょう。

     

    四葉建装では建物の資産価値向上に繋がるようなデザインの提案ができます。

    また、ご入居者様の生活にも配慮した工事を行います。

    (臭いがきつい溶剤系ではない、水性塗料で施工ができる、細かい部分の養生も行う、ご挨拶回りに伺うなど)

     

    ご入居者様がご友人やご家族様に自慢したくなるような住まいづくり、また、新規での入居の決め手となるような建物に生まれ変わらせましょう。

     

    −N−

  • Q. 工事中の騒音は大丈夫?

    屋根工事や塗装工事では、以下の工程の際に大きな音が発生します。

     

    ・足場の組み立て・解体時の金属音(期間:各1日)

    ・屋根・外壁の高圧洗浄(期間:1日)

    ・金属のサビ落としをする際の削り音(ケレン作業)(期間:1〜2日)

    ・屋根葺き替えの際に、釘を打つ音(カバー工法、葺き替え)(期間:2~3日)

    ・棟板金の釘を打ち直す音(期間:1日)

     

    この他、補修作業の際に音が発生する事もございます。

     

    足場については施工の最初と最後に。

    高圧洗浄とケレン作業については塗装が始まる前の下地処理なので、実際に塗装が始まると、あまり音は気にならないかと思います。

    ※ローラー工法ではなく吹き付け工法の場合は機械の駆動音が発生します。

     

    ただ、そうは言っても近隣の方にとっては騒音は気になるものです。

    当社では、工事を行う数日前に、必ずスケジュールのご案内も兼ねて近隣の方にご挨拶に回っています。

    その際、騒音が気になる時期についてもお伝えさせていただいています。

    ※近隣へのご挨拶がご不要な場合はお申し出ください。

     

    なお、当社のスタッフは施工の技術だけでなく、対応マナーについても徹底的に指導を行っています。

    ご挨拶回りも、どうぞ安心してお任せください。

     

    −N−

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社塗装面積が違うのはなぜですか?

    相見積もりを取り、業者ごとに塗装面積が異なる事は、よくあるご相談の1つです。

    同じ家だというのに、面積・価格が違うとなると、どのように比較していいかと困ってしまいますよね。

     

    業者ごとに面積が違う理由は様々ありますが、主に2つの理由があげられます。

    1.面積を実際に測っているか

    2.窓や玄関などの開口部を除外しているか

     

    1つ目の「面積を実際に測っているか」について、当社では原則、施工するお宅に伺い、面積を実際に測っています。

    しかし、中には建坪だけで見積もりを安易に提示する業者がいます。

    その理由は『面倒だから』という事が圧倒的に多いようです。

    実測をしないという事は、見積もりの段階から手抜きをしていると言わざるを得ません。

     

    2つ目の「窓や玄関などの開口部を除外しているか」については、塗装面積というのは『実際に塗装をする場所の面積』であり、窓や玄関などの開口部は除きます。

     

    塗装面積は実際にお住まいに伺って測定をし、開口部を引き算して正確な面積を出します。

    これらをしっかりと行っているかどうかが業者によって異なるので、お見積書の面積が変わるのです。

     

    また、塗装面積は、家を建てた時の図面からも算出する事ができますが、当社はできる限り実際に測定をしています。

    それは、外壁や屋根の劣化を隅々まで見る事ができるからです。

     

    後になって、「ここも工事が必要ですので、別途費用がかかります」と、費用が上がる場合があります。

    そうならないよう、しっかりと拝見させていただく事で見落としを防いでいます。

     

    −N−

  • Q. 雨の日の作業はどうなりますか?

    雨や雪が降った場合や、天候が悪い時でも、高圧洗浄作業や足場の設置などの工程は作業を進める事が可能です。

    (台風など、よほど天候が悪い際は、安全の為に作業を行わない場合もあります。)

     

    その他の作業(塗装工事や屋根工事など)は、大変申し訳ありませんが、作業を進める事ができないので、工期が延びる場合があります。

     

    なお、国土交通省公共建築工事標準仕様書や、塗料メーカーが定める塗料の仕様には、「気温5度以下・湿度85%以上の場合は塗装を避けて下さい。」という記載がございます。

    なぜかというと湿度が85%以上の場合は、塗料に結露や雨水が混ざり、変色や塗膜の形成不良が起こる可能性があるからです。

     

    塗装工事では水性の塗料で塗装をする事が多いのも理由の1つです。

    湿度が高ければ塗料が乾きにくいので、効率や仕上がりが悪くなります。

    油性の塗料の場合でも、雨が降ればやり直さなくてはなりません。

     

    施工中は建物の周りに足場やシートが設置されているので、工期が延びるとご不便をおかけする事になります。

    それでも上記の理由により、雨や雪の日に作業を中断せざるを得ません。

    大変恐縮ですが、施工品質や職人の安全の為にも、ご協力のほどよろしくお願いします。

     

    −N−

  • Q. 何故ヒビ割れがおこるのですか?

    外壁は劣化していくとひび割れていき、その原因は様々です。

    以下の内容はひび割れが起こる原因の一部です。

     

    ・地震などによる揺れ

    ・不同沈下や地盤沈下

    ・材料の調合不良

    ・モルタルの施工不良

    ・モルタルの収縮

    ・防水紙、またはラス網の不良

    ・下地材の反り

    ・躯体材の乾燥による収縮

     

    上記のように、いろいろな原因によってひび割れが発生します。

    また、原因は1つではなく複数の要因が重なる事もあります。

     

    その為、すぐに原因を答えるのは難しく、状況によっては補修程度の工事では済まずに大掛かりな工事が必要になる場合もございます。

     

    なお、ひび割れは原因や幅などによって危険度が異なります。

    現時点では経過観察でも問題ない場合、塗装で埋められる程度の場合、雨漏りが発生する恐れがある場合もありますので、ひび割れを見つけたら早めに調査をご依頼される事をオススメします。

    「屋根・外壁0円診断」については、こちらのページです。

     

    また、ひび割れを補修した跡が気になる場合には塗装工事も併せて行う事で、目立たずに美しく仕上がり、更に外壁の耐久性も向上します。

     

    ひび割れや、その他劣化症状が見られる場合には、外壁塗装もご検討いただければと思います。

     

    −N−

  • Q. 工事期間中、給湯器は使用できますか?

    給湯器は使用できません。
    エアコンの室外機と同様に、屋外に設置されている給湯器。同じく養生されますが、こちらは、養生中は一切の使用ができません
     
    なぜなら、養生した状態で給湯器を稼働させると、不完全燃焼で発生した一酸化炭素が室内に流れ、一酸化炭素中毒になったり、給湯器の故障や発火が起きたりするため、非常に危険だからです。
     
    とはいえ、日常生活には欠かせない給湯器。
    塗装を行わない間は養生を取り外しますし、ご不便がないようにすすめさせて頂きますが、お客様ご自身の身を守るためにも、使用の際は職人にお声がけいただけますと幸いです。

  • Q. 工事期間中、エアコンは使用できますか?

    エアコンの使用は可能です。
    例えば暑い夏場に窓を開けられないのは考えただけでも辛い状況ですが、当社ではエアコンが使用できるように室外機を養生しますので、使用して問題ありません。
     
    ただし、下記の場合については使用できませんので、ご了承ください。
     
    ・外壁洗浄時
    高圧洗浄の工程ではエアコンに水が入ってしまう恐れがあるため、必ず養生をする必要があります。一時的ではありますが、エアコンは使用できません。
     
    ・施工に問題が生じる場合
    室外機が設置されているベランダを塗装する場合は使用できません。エアコンを使用することによって結露水が出てきてしまい、塗装が流れてしまう恐れがあるためです。
     
    ・作業上、危険性が乗じる場合
    吹き付け工法や溶剤系塗料を選択した場合、吸気によって家の中に匂いや塗料がエアコン機器の中に入る可能性があるため、その工程中は使用できないことがあります。
     
    基本的にはエアコンの使用は可能ですが、工程上の都合や施工、家屋の造りなどにより変わってきます。
     
    窓も開けられず、エアコンも使えないとなると、夏場は室内で生活での生活に不安を覚えられると思いますが、事前にお伝えさせていただきますので、ご安心ください。

  • Q. 工事期間中に洗濯物は干せますか?

    塗装工事期間中は、部屋の窓だけでなく、ベランダの窓や床、手すりなども、シートで養生されます。一時的にベランダに出入りできなくなり、洗濯物などは干せなくなります。(もちろん、期間は事前にお伝えします。)
     
    なぜなら、塗料が洗濯物に飛び散ったり、風で洗濯物が飛ばされ、塗装したばかりの壁に付着したりする恐れもあるからです。そして、一度ついた塗料の匂いはそう簡単に落ちません。
     
    洗濯物を干していたことが原因で、塗装が失敗したり、洗濯物が汚れたりすると、お互いにとって気持ちの良い結果ではないですよね。
     
    ご不便をおかけしますが、万が一を考え、塗装工事期間中は室内干しをすることをお願いしております。

  • Q. 工事期間中に窓は開けられますか?

    高圧洗浄時は絶対に開けることができません。
    水圧が強いため、窓の鍵も締めていただきたい作業になります。
    その後の屋根・外壁の塗装工事中に窓を開ける事は可能ですが、あまりお勧めはできません。
     
    塗料自体に有害性はありませんが、塗料の匂いがどうしてもしてしまうからです。窓を開けることにより、無害であっても匂いが部屋に充満する恐れがあるため、塗装工事中に窓を開けるのは控えていただきたいです。
     
    そして、もし窓を開けられたとしても、家全体にカバーがかけられていますので、風は上手に通ってくれない事もあります…。
    カバーも塗装工事中は外せませんので、塗装期間中の風通しは難しいと思っていただいた方がいいです。

塗装について

  • Q. 外壁塗装は何色がオススメですか?

    外壁塗装は外壁材の保護が最大の目的ですが、色決めも醍醐味の1つですよね。

    当社にご依頼いただくお客さまで、「今までと同じような色に塗装してほしい」か、「これまでと違う色でイメージチェンジしたい」という方は、大体半々です。

    外壁塗装は頻繁に行うものではなく、長い付き合いになるので色選びは失敗したくないものです。

     

    外壁の色には人気の色があり、ここ10年ほどは個性的な色よりも、地域の街並みや風土に合った色が選ばれる傾向にあります。

     

    外壁塗装の主な人気色は以下の通りです。

     

    • ・白・・・清潔感があり、瑞々しい。
    • ・ベージュ・・・親しみやすく、ナチュラルな印象。
    • ・ネイビー・・・モダンで風格がある。
    • ・グレー・・・大人っぽく、シックな印象。
    • ・黒・・・シャープで重厚感がある。

    また、色選びのポイントとして、汚れが目立ちにくい色がオススメです。

    一般的に汚れが目立ちにくいとされている色はグレー、ベージュ、ブラウン、グリーンと言われています。

     

    四葉建装ではHPからお見積りをいただいた方限定で、3Dカラーシュミレーションをプレゼントさせていただいています。

    塗装後のイメージをリアルに見る事ができるので、「イメージと違う」という失敗が起こりません。

    ぜひご利用ください。

    「カラーシミュレーター」については、こちらのページです。

     

    −N−

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社塗装面積が違うのはなぜですか?

    相見積もりを取り、業者ごとに塗装面積が異なる事は、よくあるご相談の1つです。

    同じ家だというのに、面積・価格が違うとなると、どのように比較していいかと困ってしまいますよね。

     

    業者ごとに面積が違う理由は様々ありますが、主に2つの理由があげられます。

    1.面積を実際に測っているか

    2.窓や玄関などの開口部を除外しているか

     

    1つ目の「面積を実際に測っているか」について、当社では原則、施工するお宅に伺い、面積を実際に測っています。

    しかし、中には建坪だけで見積もりを安易に提示する業者がいます。

    その理由は『面倒だから』という事が圧倒的に多いようです。

    実測をしないという事は、見積もりの段階から手抜きをしていると言わざるを得ません。

     

    2つ目の「窓や玄関などの開口部を除外しているか」については、塗装面積というのは『実際に塗装をする場所の面積』であり、窓や玄関などの開口部は除きます。

     

    塗装面積は実際にお住まいに伺って測定をし、開口部を引き算して正確な面積を出します。

    これらをしっかりと行っているかどうかが業者によって異なるので、お見積書の面積が変わるのです。

     

    また、塗装面積は、家を建てた時の図面からも算出する事ができますが、当社はできる限り実際に測定をしています。

    それは、外壁や屋根の劣化を隅々まで見る事ができるからです。

     

    後になって、「ここも工事が必要ですので、別途費用がかかります」と、費用が上がる場合があります。

    そうならないよう、しっかりと拝見させていただく事で見落としを防いでいます。

     

    −N−

  • Q. 何故ヒビ割れがおこるのですか?

    外壁は劣化していくとひび割れていき、その原因は様々です。

    以下の内容はひび割れが起こる原因の一部です。

     

    ・地震などによる揺れ

    ・不同沈下や地盤沈下

    ・材料の調合不良

    ・モルタルの施工不良

    ・モルタルの収縮

    ・防水紙、またはラス網の不良

    ・下地材の反り

    ・躯体材の乾燥による収縮

     

    上記のように、いろいろな原因によってひび割れが発生します。

    また、原因は1つではなく複数の要因が重なる事もあります。

     

    その為、すぐに原因を答えるのは難しく、状況によっては補修程度の工事では済まずに大掛かりな工事が必要になる場合もございます。

     

    なお、ひび割れは原因や幅などによって危険度が異なります。

    現時点では経過観察でも問題ない場合、塗装で埋められる程度の場合、雨漏りが発生する恐れがある場合もありますので、ひび割れを見つけたら早めに調査をご依頼される事をオススメします。

    「屋根・外壁0円診断」については、こちらのページです。

     

    また、ひび割れを補修した跡が気になる場合には塗装工事も併せて行う事で、目立たずに美しく仕上がり、更に外壁の耐久性も向上します。

     

    ひび割れや、その他劣化症状が見られる場合には、外壁塗装もご検討いただければと思います。

     

    −N−

  • Q. 外壁の種類で塗料のお勧めはありますか?

    外壁の種類でお勧めの塗料はあります。サイディング、モルタル、パワーボード、コンクリートなど種類がありますが、見た目を活かす塗料や、長持ちを優先させる塗料、暑さ寒さ対策になる塗料など豊富にあります。各メーカーも新商品を出していますが、実績のある塗料が一番のお勧めです。お問合せ下さい、詳しくご説明致します。

     

  • Q. 塗り替えは何年たってからするのがいいですか?

    新築、過去の塗り替えから10年位をオススメしております。
    当社では実際に現場に出ている職人の無料診断も行っております。
    無料診断をしたからといって当社で塗装をしなくても大丈夫です、10年以上経っているなら、ぜひ一度無料診断をお試しください。

お見積・保証について

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社塗装面積が違うのはなぜですか?

    相見積もりを取り、業者ごとに塗装面積が異なる事は、よくあるご相談の1つです。

    同じ家だというのに、面積・価格が違うとなると、どのように比較していいかと困ってしまいますよね。

     

    業者ごとに面積が違う理由は様々ありますが、主に2つの理由があげられます。

    1.面積を実際に測っているか

    2.窓や玄関などの開口部を除外しているか

     

    1つ目の「面積を実際に測っているか」について、当社では原則、施工するお宅に伺い、面積を実際に測っています。

    しかし、中には建坪だけで見積もりを安易に提示する業者がいます。

    その理由は『面倒だから』という事が圧倒的に多いようです。

    実測をしないという事は、見積もりの段階から手抜きをしていると言わざるを得ません。

     

    2つ目の「窓や玄関などの開口部を除外しているか」については、塗装面積というのは『実際に塗装をする場所の面積』であり、窓や玄関などの開口部は除きます。

     

    塗装面積は実際にお住まいに伺って測定をし、開口部を引き算して正確な面積を出します。

    これらをしっかりと行っているかどうかが業者によって異なるので、お見積書の面積が変わるのです。

     

    また、塗装面積は、家を建てた時の図面からも算出する事ができますが、当社はできる限り実際に測定をしています。

    それは、外壁や屋根の劣化を隅々まで見る事ができるからです。

     

    後になって、「ここも工事が必要ですので、別途費用がかかります」と、費用が上がる場合があります。

    そうならないよう、しっかりと拝見させていただく事で見落としを防いでいます。

     

    −N−

  • Q. ハウスメーカーより安く外壁塗装できますか?

    当社は、大手ハウスメーカーより料金が安くなる場合がほとんどです。

    相見積もりを取ったところ、大手ハウスメーカーよりも当社の方が約3割安くなったというケースも少なくありません。

     

    費用が安くなる理由は様々あり、1つは大手ハウスメーカーの場合は下請けや孫請けが工事をするという事が多いようで、そうなると各社間で利益が必要になります。

    この時に発生する中間マージンや、広告費などもかかる為、割高になるのです。

     

    四葉建装は大手ハウスメーカーとは異なり、広告費や人件費には最低限の経費しかかけていません。

    完全自社施工の為、中間マージンが発生せず、更に対応もスピーディでフットワークが軽く、スムーズな施工が可能です。

     

    大手ハウスメーカーに依頼するメリットには社会的信用が挙げられます。

    しかし、当社も充実の保証制度を設けていますので、ご安心いただければと思います。

    「安心の保証制度」については、こちらのページです。

     

    当社は激安店ではございませんが、余計な費用をかけず、施工内容には徹底的にこだわるので、質の高い工事をお約束します。

    建物1棟1棟の状況や、必要な工事内容は異なるので、詳細は調査のうえ、お見積書を提出させていただいています。

    調査、お見積りは無料です。ぜひ一度、お試しください!

    「プロが見る無料診断」は、こちらのページです。

     

    −N−

  • Q. 外壁塗装の保証はありますか?

    当社では外壁塗装の剥がれに対して保証書を発行しております。また、1年、3年、5年、7年、10年点検も実施していますのでご安心下さい。

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声