塗装現場レポート

千葉県千葉市稲毛区 K様邸 外壁塗装・防水工事 シーリングの役割 劣化症状

2021.8.6

千葉県千葉市稲毛区 K様邸 外壁塗装・防水工事 シーリングの役割 劣化症状

千葉県千葉市稲毛区のK様邸にて、外壁塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

今回はシーリング工事の様子についてお伝えします。

 

シーリング工事は、外壁のサイディングボードの継ぎ目やサッシ廻り、玄関廻りなど、建物の隙間を埋めているゴム状の素材です。

 

シーリングの役割は大きく分けて2つで、1つは隙間を埋める事で雨水が侵入しないよう、防水の役割を担っています。
もう1つは緩衝材の役割です。

地震や台風などで建物が揺れた際に振動を吸収し、ひび割れを防止してくれています。

 

シーリングは早いものだと3年程で劣化し始めます。

劣化すると柔らかい素材だったのが硬くなり、肉痩せなどで隙間ができてしまいます。

隙間ができれば防水の役割が担えなくなり、雨水が侵入し、雨漏りに繋がりかねません。

硬くなれば緩衝材の役割が担えなくなり、外壁にひび割れができてしまいます。

シーリングの劣化は建物の寿命に大きく関わります。

 

K様邸のシーリングも劣化していた為、新しいシーリングに打ち替えます。

「塗装前の下地処理」については、こちらのページです。

 

こちらが施工前の写真です。

千葉県千葉市稲毛区 K様邸 外壁塗装・防水工事 シーリングの役割 劣化症状 (1)

千葉県千葉市稲毛区 K様邸 外壁塗装・防水工事 シーリングの役割 劣化症状 (2)

千葉県千葉市稲毛区 K様邸 外壁塗装・防水工事 シーリングの役割 劣化症状

「下地調整の重要なポイント1 コーキング(シーリング)処理」については、こちらのページです。

 

−N−

 

千葉県千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、八街市全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、四葉建装へお気軽にご相談ください。

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声