塗装現場レポート

千葉県八千代市 外壁塗装 工場 現場調査 クラック チョーキング現象

2020.9.16

千葉県八千代市 外壁塗装 工場 現場調査 クラック チョーキング現象

千葉県八千代市にて、外壁塗装のご依頼をいただきました!

 

今回は、現場調査の様子についてお伝えします。

 

汚れやひび割れが気になってきたので見てほしいと、ご連絡をくださいました。

前回の塗装からは10年経っているとの事でした。

「2回目以降の外壁塗装工事、注意すべきポイントは?」はこちらのページです。

 

千葉県八千代市 外壁塗装 工場 現場調査 クラック チョーキング現象

 

伺っていた通り、細かなクラック(ひび割れ)が見受けられましたが、

幅0.3mm以下、深さ4mm以下の髪の毛程の細さのヘアークラックで、

下地には達しておらず、塗膜のひび割れでしたので、塗装をしてしまえば埋まります。

 

ひび割れよりも気になったのは、チョーキング現象でした。

チョーキング現象は、外壁に触った時に指にチョークのような粉が付着する現象で、

塗り替え時期を示す代表的なサインの1つです。

 

なぜ粉が指に付着するかというと、雨水や紫外線などの影響により、

塗料の中の樹脂成分が分解され、顔料が粉状になって浮き出てきます。

これは塗膜の劣化が起きている状態を表し、環境から建物を守る役割が弱くなっているサインです。

耐久性や防水性が低下しているので、苔や藻が繁殖しやすく、ひび割れも起きやすい状態です。

「こんな症状には要注意」はこちらのページです。

 

−N−

 

千葉県千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、八街市全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、四葉建装へお気軽にご相談ください。

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声