塗装現場レポート

千葉県四街道市にてコーキング打ち替え作業!

2019.8.16

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県四街道市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装、それに伴うコーキングの打ち替え作業のご依頼を頂きました。
 
前回までに既存のコーキング撤去、マスキングテープでの養生作業が完了しています。
今回は引き続きの作業としてコーキングの打ち込みを行いたいと思います。
 
まずコーキングを打つ前にプライマーと呼ばれる物を目地内にしっかりと塗っていきます。
 
今回はこのプライマーの役割をご紹介します。
 
プライマーはコーキングを打つ面とコーキングとがしっかりと隙間なく密着する事を補助する接着剤のような役割を持っています。
 
打つ面の汚れを綺麗に落とし、プライマーを塗り残しのないように丁寧に塗ります。
 
そしてここで大切なのが乾燥です。
 
プライマーを塗ってすぐではなく、乾燥させる事で密着する力が大きくなり、コーキングの防水性能も高くなるのです。
 
外壁部には出来るだけプライマーが付着しないように塗りこむのがポイントです。
 
今回の作業では目地部分のコーキング全てを打ち終わる事が出来ました。
 
次回からは外壁の塗装作業に進んでいきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声