フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?

フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?

投稿日:2022.12.5 更新日:2024.2.22

フローリングの張り替えは、時間もお金もかかるというイメージがありますよね?

 

実はフローリングは、重ね張りをすることでリフォームすることができます。

 

ただ、重ね張りにもメリットとデメリットがあります。

 

フローリングは重ね張りと張り替え、どちらがお得なのでしょうか?

 

この記事では、フローリングの重ね張りと張り替えのメリット・デメリットについて詳しく紹介するので、最後まで記事をチェックしてください!

 

フローリングの張り替えと重ね張りの違い

 

フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?(1)

 

まずはフローリングの張り替えと重ね張りの違いについて見ていきましょう。

 

フローリングの張り替えは、その名称の通り、古いフローリングを剥がし、新しいフローリングに張り替えることです。

 

フローリングの重ね張りは、古いフローリングを剥がさず、上から新しいフローリングを張ることです。

 

弊社では、フローリングの張り替えも重ね張りも承っております!

 

ご予算にあわせたご提案をさせていただきますので、フローリングの張り替えをお考えの際は、ぜひ弊社にご相談ください!

 

フローリングの張り替えのメリットとデメリット

 

フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?(2)

 

フローリンの張り替えを選んだ場合は、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

まず、フローリングの張り替えを選んだ場合のメリットから解説します。

 

フローリングを張り替えることのメリットは、まず床の高さが変わらないということがあります。

 

張り替えの場合は、古いフローリングを剥がしてから新しいフローリングを張るので、床の高さは同じままです。

 

また、下地のメンテナンスができるということも、フローリングを張り替えることのメリットです。

 

下地は定期的にメンテナンスすることで、シロアリの発生に対処したり、傷んでいる部分を交換することができます。

 

フローリングを張り替えにすることには、デメリットもあります。

 

フローリングを張り替えにすることのデメリットは、重ね張りよりも価格が高くなってしまうことです。

 

フローリングを張り替えにする場合、手間が重ね張りよりもかなりかかるので、工賃が高くなります。

 

また、フローリングの張り替えの場合、古いフローリングを処分する費用も必要です。

 

必然的に、張り替えの方が重ね張りよりも費用がかかってしまうことになります。

 

さらに、フローリングを張り替える場合、フローリングを剥がす手間がかかるため、重ね張りよりも工期が少し長くなってしまうこともデメリットです。

 

弊社では、フローリングを張り替える場合も、ハウスメーカーよりもお安くすることが可能です。

 

フローリングの張り替えを検討されている場合は、ぜひ完全自社施工の弊社にご相談ください!

 

フローリングの重ね張りのメリットとデメリット

 

フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?(3)

 

フローリングを重ね張りにした時のメリットとデメリットについても見ていきましょう。

 

まずフローリングを重ね張りにした時のメリットですが、張り替えよりも価格が安くなるということがあげられます。

 

フローリングを張り替える時とは違い、重ね張りはフローリングを剥がす手間がかからず、新しいフローリングを貼り付けるだけです。

 

そのため、工賃も安くなり、工期も張り替えに比べて短くなります。

 

フローリングの重ね張りの場合、工事は早ければ1日もかからずに終わります。

 

フローリングを重ね張りにすることのデメリットは、フローリング材の厚みの分、床が高くなってしまうことです。

 

フローリング材の厚みは12mmから15mmです。

 

敷居の高さによっては、扉が閉まりにくくなるなどの不具合が生じてしまうことがあります。

 

また、12mmから15mmとはいえ、天井が少し近くなり、部屋が狭く感じられてしまう可能性もあります。

 

重ね張りの場合、古いフローリングの上から新しいフローリングを張るため、下地の状態が確認できないというのもデメリットです。

フローリングを重ね張りにするときの注意点

 

フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?(4)

 

フローリングを重ね張りにするときには、いくつか注意しておいたほうが良いことがあります。

 

フローリングを重ね張りにするときに注意することは、敷居の高さを確認することです。

 

フローリングを重ね張りにすると、フローリング材の分床が高くなってしまうため、場合によっては扉の開け閉めができなくなってしまう可能性もあります。

 

敷居の高さがあまりない場合、フローリング材を貼り付けると敷居の高さを超えてしまう場合、重ね張りをすることはおすすめできません。

 

また、築年数がかなり経っている家の場合、下地を確認したほうが良いので、重ね張りではなく張り替えをおすすめします。

 

特に、床がきしむなどの症状がある場合は、重ね張りではなく張り替えを選択したほうが良いでしょう。

 

弊社では、国家資格を持つスタッフによる無料診断を行っています。

 

家の劣化が気になり始めたら、ぜひ弊社にご相談ください!

 

フローリングは重ね張りがお得だが、施工の条件がある

 

フローリングは重ね張りもできる?張り替えとどっちがお得?(5)

 

フローリングの張り替えと重ね張りについて紹介してきました。

 

フローリングは重ね張りにしたほうが、料金がリーズナブルで工期も短くて済みます。

 

ただ、フローリングを重ね張りにするためには、いくつかの条件があります。

 

フローリングを張り替えにしたほうが良いのか重ね張りにしたほうが良いのか悩む場合は、ぜひ弊社までご相談ください!

 

それぞえのお家にあったリフォームをご提案させていただきます!

 

#Y#

 

千葉県千葉市|外壁塗装・屋根塗装【(株)四葉建装】

 

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声