塗装現場レポート

千葉県習志野市 屋根カバー工法(重ね葺き工事) ガルバリウム鋼板

2022.1.20

千葉県習志野市 屋根カバー工法(重ね葺き工事) ガルバリウム鋼板 (5)

千葉県習志野市にて、屋根カバー工法(重ね葺き工事)を行いました!

 

【屋根の上に屋根を重ねる? 屋根カバー工法とは】

こちらのお宅では既存の屋根の上に新しい屋根材を被せる屋根カバー工法を行いました。

別名、重ね葺き工事とも呼ばれています。

千葉県習志野市 屋根カバー工法(重ね葺き工事) ガルバリウム鋼板 (2)

屋根の上に屋根を重ねる、というと驚かれる方も少なくありません。

「そんな事して大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、一般的に屋根工事の1つです。

 

屋根カバー工法ができる屋根は軽量である事が条件です。

化粧スレート屋根やトタン屋根であれば可能ですが、瓦屋根などは施工できません。

屋根が二重になるので、重たくなって耐震性が下がるからです。

既存の屋根は軽量、新しく葺く屋根も軽量でなければなりません。

 

なお、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を葺く工事は「屋根葺き替え工事」といいます。

こっちの方が良さそうですよね、耐震性も問題ありません。

しかし、化粧スレート屋根やトタン屋根の場合は屋根カバー工法の方が人気があります。

その理由は、既存の屋根材を撤去する必要がないので、撤去費用が節約でき、撤去の期間分工期が短くなるからです。

屋根の面積が100㎡の場合、屋根の撤去費用に2、30万円かかるので、この分節約ができるのはありがたいですよね。

 

また、耐震性が下がるというデメリットはありますが、屋根の厚みが増すので断熱性能が向上し、野地板(屋根の下地)の結露防止対策になるなどといったメリットもあります。

 

【人気の屋根材!ガルバリウム鋼板屋根】

こちらのお宅では新しい屋根にガルバリウム鋼板を使用しました。

千葉県習志野市 屋根カバー工法(重ね葺き工事) ガルバリウム鋼板 (5)

ガルバリウム鋼板とは、鉄にガルバリウムという合金でメッキしたものをいいます。

耐用年数は約25~35年です。

錆びから始まる穴空きさえ起きなければ40年以上も持つ場合もあります。

長く使い続ける為には、定期的なメンテナンスが必要です。

塗装工事を約10年に1度行うのがいいでしょう。

「事業内容 > 外壁塗装・屋根塗装」については、こちらのページです。

 

特徴としては錆びに強くて耐久性・耐震性が高い、その割には価格が安くてコスパが良い屋根材です。

見た目も重厚感があってどのようなタイプの外壁材にも合わせやすいです。

 

ちなみにこちらのお宅では太陽熱温水器が設置されていました。

千葉県習志野市 屋根カバー工法(重ね葺き工事) ガルバリウム鋼板 (3)

このように太陽熱温水器やソーラーパネルが設置されていても当社では施工は可能です。

「皆様から選ばれる理由」は、こちらのページです。

 

屋根の事や外装の事でお困りの点や気になる点がございましたら、お気軽にお問合せください♪

お問合せはコチラ

 

−N−

 

千葉県千葉市|外壁塗装・屋根塗装【(株)四葉建装】

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声