塗装現場レポート

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング

2021.11.21

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング (1)

千葉県八千代市のY様邸にて、屋根塗装・外壁塗装のご報告の続きです!

前回の現場レポート→「千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 高圧洗浄」は、こちらのページです。

 

今回は、軒の取り合い部分のシーリング打ち替え工事の様子をお伝えします。

 

【実は多い?軒の取り合い部分からの雨漏り】

雨漏りの原因はどこからかというと、「屋根から」と思われる方が多いのですが、実は雨漏りの原因はもっとあります。

 

雨漏りの原因となりやすい場所の1つに、外壁と軒の取り合い部分があげられます。

外壁と軒の取り合い部分が原因での雨漏り事例は、台風などの自然災害で雨水が巻き上げられ、軒天と外壁の取り合い部分から雨水が侵入し、室内に漏水するケースがあります。

雨漏りが一度起きれば建物の寿命を一気に縮めてしまいます。

 

【軒天取り合い部分のシーリング工事の工程】

Y様邸の軒天と外壁の取り合い部分のシーリングは劣化して硬化し、隙間ができてしまっていました。

先述した雨漏りの危険性があるので、新しいシーリングを打ち替えます。

 

まずは既存のシーリングをベリベリと剥がしていきます。

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング (3)

 

撤去跡を綺麗に清掃してから、マスキングテープで養生をし、プライマーという下塗り材を施工箇所に刷毛で塗布します。

プライマーは接着剤のような役割があり、施工箇所にシーリングがしっかり接着して剥がれにくく、長持ちするように塗布します。

ちなみに、プライマーとシーリングの相性が悪く、ほんの2、3年でシーリングが剥がれてしまう場合があるので、そうならないよう材料選びも重要です。

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング (2)

 

次はシーリング材を充填します。

シーリング材にはグレードがあり、耐用年数3~5年程のものから、20~30年程のものまであります。

外壁の塗料と耐用年数を合わせるのもいいですし、できるだけ丈夫なものにして安心して過ごすのもいいでしょう。

お客さまのご意見やご予算などにあわせて使用するシーリング材は提案させていただいています。

耐用年数約20~30年のシーリング材「オートンイクシード」の紹介ページはこちらです。

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング (1)

 

シーリングを充填した状態だと、中に空洞ができているので、ヘラを使って中までしっかり入るよう押し込み、表面は綺麗になるよう平に均します。

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング (5)

 

最後にマスキングテープを剥がしたら、シーリング工事完了です。

千葉県八千代市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒取り合いシーリング (4)

こちらの「下地調整の重要なポイント1 コーキング(シーリング)処理」のページでもシーリング工事について詳しくご案内しています。

 

−N−

 

千葉県千葉市|外壁塗装・屋根塗装【(株)四葉建装】

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声