塗装現場レポート

千葉県八千代市にて屋根補修作業!

2019.7.25

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県八千代市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回洗浄作業が完了していましたので、朝一から下塗りを行なって行きます。
 
作業は順調に進んでいたのですが、よく屋根を見ながら作業を続けるとクラックを見つけました。
 
クラックとはひび割れの事で、コロニアルの経年劣化にはよく見られる症状です。
 
このクラック、表面だけに現れる事もあるのですがそのまま放置し続けると、いずれは完全に割れてしまいます。
 
そうなると雨漏りの原因になりますので、クラックを確認できた段階ですぐに補修を行っていきます。
 
補修剤として使用するのは、変性シリコンコーキング剤です。
 
一般的にコーキングと呼ばれる物と見た目は大差無いのですが、大きな特徴を持っています。
 
それは、コーキングの上から塗装を行えるという事です。
 
写真のように黒の屋根材に白のコーキングの場合でも、塗装前なら問題ありません。
仮に変性ではないコーキングを使用する場合は塗装後に近い色のコーキングで補修を行わなければなりません。
 
下塗りを進めつつ、補修も完了出来ました。
 
次回から中塗り、上塗りを行なって行きます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
★K★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声