塗装現場レポート

千葉県習志野市にて屋根塗装工事!

2019.7.24

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
今回は千葉県習志野市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までに屋根の洗浄作業が完了していましたので、下塗りを行い、上塗りまで完了させたいと思います。
 
今回は溶剤系の塗料を使用しますので専用のシーラーを使用します。
 
下塗りでシーラーを隙間なくしっかりと塗り感想を待ちます。
 
シーラー乾燥後に中塗りを行います。
 
中塗りが完全に乾いた後、上塗りで仕上げます。
 
中塗りに関して説明すると、シーラーが乾ききってから塗りムラのない様にしっかりと厚みを出して塗っていきます。
 
溶剤系ですので希釈しすぎると塗料が薄く広がってしまうので注意が必要です。
 
この中塗りの段階で厚みを均一に塗らなければ上塗りで厚みを調整しなければならず仕上がりが綺麗になりにくくなってしまいます。
 
上塗りで見えなくなってしまう塗装なのですが、仕上がりに直結してくる作業ですので気を抜けません。
 
丸一日かけて下塗りから上塗りまでを完了する事が出来ました。
 
真っ赤な屋根というのは新たなシンボルと言えます。
 
とても綺麗な色ですのでオススメのカラーです。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声