塗装現場レポート

千葉県四街道市にて目地シール材撤去作業!

2019.7.10

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県四街道市ないのお客様邸にて外壁塗装工事のご依頼を頂きました。
 
外壁面の洗浄作業が前回までに完了していましたので、今回は既存の目地シール材=コーキングの撤去、剥ぎ取り作業を行なっていきました。
 
このコーキングの剥ぎ取り作業はカッターなどを使い、目地と目地との縁を切り、根気強く手で剥ぎ取ってい作業です。
 
コーキングは見た目の柔らかさとは裏腹に、密着力がとても強い為簡単には剥ぎとる事が出来ません。
 
いかに長く千切れないように剥ぎ取れるかで作業スピードに差が出てきます。
 
表面だけ剥ぎ取ってしまえば?
 
と思われると思いますが、コーキングは経年劣化により縦割れや、ヒビが入ります。
 
この劣化部分から雨水が侵入してしまい、雨漏りを引き起こしてしまいます。
 
最悪の場合は家の土台が腐食してしまいますので、壁の雨漏りも侮ってはいけません。
 
きちんと全て目地を綺麗にしなければ、目地部分に新たなコーキングが密着しない為、表面の剥ぎ取りだけでは意味がないのです。
 
半日かけて剥ぎ取り、半日かけてコーキング打ちを終えられました。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

  千葉のお客様の声