塗装現場レポート

千葉県八千代市にて雨どい、破風塗装!

2019.6.30

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県八千代市内のお客様邸にて外壁塗装工事のご依頼を頂きました。
 
外壁と雨どいの塗り替えまでお願いされましたので今回は雨どい、破風についてお話しいたします。
 
雨どいは皆さん知っての通り屋根を伝ってくる雨水を集め、排水する為の部材です。
 
破風は破風板とも呼ばれるもので、屋根の両端の三角部分を指します。
 
雨どいと破風の塗装なのですが、今回はお客様のご要望で、どちらもブラックでの塗装でした。
 
雨どいはツヤがあり、ピカピカに仕上がってとても綺麗に、そして破風はツヤなしのブラックでしたので、風格のある佇まいになりました。
 
実は、この雨どい、破風の色によっても外壁を見たときの印象は大きく変わってきます。
 
例えば同じ外壁の色で、明るい色で破風を塗装した場合、とても柔らかく、暖かな印象を受けます。
 
逆に今回のような暗いの場合は、厳かで、とても風格のある佇まいを醸し出し、古き良き印象を受けます。
 
どちらも良い仕上がりになりますが、この雨どいと破風の色が家の印象を大きく左右する事もありますので、塗り替えをご検討のお客様は一度ご相談ください。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

  千葉のお客様の声