塗装現場レポート

千葉県四街道市にて外壁塗装工事!

2019.6.28

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県四街道市内のお客様邸にて外壁塗装工事をご依頼頂きました。
 

今回は塗装工事を行う前の養生作業についての話です。
 

養生作業ってそもそも何?
 
と思う方もいらっしゃると思いますので大まかな説明を。
 

そもそも養生とは一般的に、マスキングテープやマスキングカーテンと呼ばれる養生用部材などを使って、ペンキ類が付いてはいけない所を保護する事を指します。
 

では何故養生が大切な作業なのでしょうか。
 

理由としては、塗ってはいけない部分を守るのは当たり前ですが、この養生を行う事が上塗り塗装の仕上がりの出来を左右するからです。
 

建物というのは基本的にはどの部分も直線で出来ています。
 
壁に面した扉や窓などを養生なしで塗ってしまうと、直線部分をまっすぐに塗れません。
 

実は、こういった場所が養生を行う事で綺麗に仕上がります。
 

マスキングテープを使い、窓枠に沿って養生を行い、仕上げた後にテープを剥がせば真っ直ぐに塗られています。
 

この養生は塗装屋さんの基本中の基本になり、養生が出来なければ綺麗な仕事は勿論出来ません。
 

外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 

★K★

  千葉のお客様の声