塗装現場レポート

千葉県習志野市 K様邸 屋根カバー・付帯部塗装 ルーフィングとは

2022.1.7

千葉県習志野市 K様邸 屋根カバー・付帯部塗装 ルーフィングとは (2)

千葉県習志野市のK様邸にて、屋根カバー工法(重ね葺き工事)・付帯部塗装を行いました!

千葉県習志野市 K様邸 屋根カバー・付帯部塗装 ルーフィングとは

 

今回は着手~ルーフィング設置の様子をお伝えします。

 

【化粧スレート屋根の工事ってどんな種類がある?】

K様邸の既存の屋根は化粧スレート屋根でした。

カラーベスト、コロニアルとも呼ばれています。

現在、日本で最も普及率の高い屋根材です。

軽量で耐震性が高く、比較的安価なのが人気の理由です。

 

化粧スレート屋根自体には防水性を持っていません。

その為、防水性などの機能を持つ塗料を塗装してあります。

この塗膜は紫外線や雨風によって年月が経つにつれて劣化していきます。

その為、再度塗装をして防水性やその他の機能(遮熱性、防カビ・防藻性など)を屋根に持たせてあげる必要があります。

これが化粧スレート屋根の工事の種類1つ目、『塗装工事』です。

「事業内容 > 外壁塗装・屋根塗装」については、こちらのページです。

 

塗装を繰り返しても寿命はきます。

また、塗装メンテナンスをせずに放置すれば寿命は早くきます。

そうして塗装では補修しきれなくなったら、2つの施工方法に分かれます。

 

1つは屋根カバー工法。(重ね葺き工事とも言います。)

もう1つは屋根葺き替え工事です。

 

屋根カバー工法は既存の屋根の上に新しい屋根を葺く工事です。

既存の屋根材を撤去する必要がないので、屋根材の撤去費用がかからず、工期も短く済むというメリットがあります。

しかし、屋根全体が重たくなるので耐震性が下がるというデメリットがあります。

 

屋根葺き替え工事は、屋根の全てが新しくなるので、劣化状態がリセットされます。

耐震性が低下する心配もありません。

ただ、その分費用は高くなります。

 

どちらの施工方法が良いかは、お客さまのご希望内容にあわせています。

今回は屋根カバー工法が採用されました。

「外壁塗装、屋根塗装のプラン、高いほどいいというのは本当か?」は、こちらのページです。

 

【着手~ルーフィングの設置】

こちらは搬入した屋根材です。

今回はディプロマットスターを葺いていきます。

千葉県習志野市 K様邸 屋根カバー・付帯部塗装 ルーフィングとは (1)

 

屋根カバー工法も棟板金のみは撤去します。

棟板金を外し、次にルーフィングを張りました。

ルーフィングとは防水シートの事で、雨漏りからお住まいを守ってくれている防水シートです。

「こんな症状が?屋根に登らなくてもわかる雨漏りのサイン」は、こちらのページです。

千葉県習志野市 K様邸 屋根カバー・付帯部塗装 ルーフィングとは (2)

今回は田島ルーフィングのPカラーEX+を使用しました。

改質アスファルトルーフィングで丈夫にお住まいを雨水から守ってくれます。

 

この続きは次回の現場レポートで!

 

−N−

 

千葉県千葉市|外壁塗装・屋根塗装【(株)四葉建装】

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声