塗装現場レポート

千葉県四街道市 外壁塗装 シーリング目地設置 コーキングの役割

2020.10.21

千葉県四街道市 外壁塗装 シーリング目地設置 コーキングの役割1 (3)

千葉県四街道市にて、外装リフォームのご依頼をいただきました!

 

今回は、外壁にシーリング目地を設置した様子についてお伝えします。

 

外壁はボードを貼り付ける施工方法の場合、必ずボード同士の間に目地という隙間を作ります。

窯業系サイディングやALCパネルには、

衝撃や揺れなどに弱く、割れや欠けなどが起こりやすいという特徴があります。

その為、もしも目地が無く、ボード同士をくっつけると耐久性が低くなってしまうので、

目地を作って、その間にクッションを置く事で破損を防ぎます。

 

千葉県四街道市 外壁塗装 シーリング目地設置 コーキングの役割1 (1)

 

千葉県四街道市 外壁塗装 シーリング目地設置 コーキングの役割1 (2)

 

千葉県四街道市 外壁塗装 シーリング目地設置 コーキングの役割1 (3)

 

この後、目地の上にはシーリング材を充填します。

シーリング材はコーキング材とも呼ばれ、どちらもほぼ同じものです。

シーリングを充填すると、目地の上はブニブニという弾力のある感触になります。

誰でも一度は触った事があると思います。

外装では外壁の目地の他にサッシ廻りや玄関ドアの廻り、

内装だとキッチン廻りや洗面台廻りに施されています。大抵、色はグレーです。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

 

このシーリングのおかげで小さな揺れや、衝撃に対してクッションになってくれますし、

雨水が侵入しない様、防水の役目も担っています。

 

なお、劣化すると硬く隙間ができてしまいます。

そうなるとシーリングの役割を果たせなくなっているので、

外装のシーリングが硬かったり隙間ができていたら、調査をご依頼される事をオススメします。

「四葉建装の無料診断について」はこちらのページです。

 

−N−

 

千葉県千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、八街市全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、四葉建装へお気軽にご相談ください。

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声