塗装現場レポート

千葉県千葉市花見川区 外壁塗装 事前調査 外壁の劣化症状

2020.7.9

千葉県千葉市花見区にて、外壁塗装のご報告です!

事前調査を行った際の様子をお伝えします。

 

まずは外壁についてです。

外壁は、雨風や紫外線、熱、経年劣化などが原因で、年々劣化が進んでいきます。

塗料には寿命があり、劣化すると防水性が低下し、

汚れの付着、苔やクラックなどの劣化症状が発生しやすくなってしまいます。

 

千葉県千葉市花見川区 外壁塗装 事前調査 外壁の劣化症状 (1)

 

千葉県千葉市花見川区 外壁塗装 事前調査 外壁の劣化症状 (2)

上記の写真では、小さいクラックが数か所見受けられます。

クラックにも種類があり、こちらは乾燥クラックと呼ばれる症状で、

時間の経過とともに多くの水分が蒸発するなどの原因でひび割れが起こったものです。

乾燥クラックはひび割れが狭いのが特徴です。

 

他にヘアークラック、構造クラックなどいくつかクラックに種類があり、

その状態にあわせて補修方法を変えています。

 

乾燥クラックの場合は、塗装前の下地処理で、

シーリング材をすりこむか、もしくはエポキシ系充填材を注入後、

微弾性フィラーを下塗りし、弾性仕上げ材の塗装を行う事が多いです。

「下地調整の重要なポイント2 ひび割れ、クラック補修(外壁)」については、こちらのページです。

 

千葉県千葉市花見川区 外壁塗装 事前調査 外壁の劣化症状 (3)

 

また、外壁を触ってみるとチョークのような粉が指に付着しました。

これはチョーキング現象といい、外壁塗り替え時期の代表的なサインの1つです。

「こんな症状には要注意」はこちらのページです。

 

−N−

 

千葉県千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、八街市全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、四葉建装へお気軽にご相談ください。

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声