塗装現場レポート

千葉県習志野市 外壁塗装 上塗り 付帯部分 破風

2020.4.7

付帯塗装
千葉県習志野市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、サイディングの上塗りが完成してから行う作業になりますね。
 
今回行ってきた場所は、付帯部分の中でも破風や鼻隠しと言う屋根周りの部材になります。
 
屋根まわりの部材を塗装することになるので、塗料の飛散には注意が必要ですね。
 
破風や鼻隠しは屋根の形状に大きく影響されます。
 
そのため、塗り替え現場では建物の現地調査の段階でしっかりと、塗装面積を把握しておくことが重要です。
 
切妻屋根の場合には、破風や鼻隠しの塗り替えが必要ですが、寄棟の場合には破風はありません。
 
建物の形状によっても塗装面積に差が出てしまうので注意してくださいね。
 
付帯部分の塗装では、基本的に刷毛とローラーを併用して作業を行っていきます。
 
ケラバ部分に近い場所では、刷毛によるダメ込みが必要になります。
 
細かな部分へのダメ込みが終わっていれば、ローラーを使用して広い面積を塗装していきます。
 
昔に比べると、ローラーの種類も多くなっているので、毛足の長さやサイズを選択する必要がありますね。
 
新しい道具を積極的に使用していくことで、効率化も進んでいきますね。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
★M★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声