塗装現場レポート

千葉県四街道市にて外壁塗装用の養生作業!

2019.12.20

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県四街道市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装工事、それに伴う目地シール材の打ち替え工事のご依頼を頂きました。
 
前回の作業では外壁面の洗浄、並びに目地シール部分の養生作業を行いました。
 
そこで今回は残りの養生を行い、シール材の打ち込みを行なっていきます。
 
今回の現場はいつもの戸建て住宅ではなく、アパートでした。
 
その為外壁もサイディングではなく、ALCと呼ばれる材質のものを使用していました。
 
このALCは目地幅が通常のサイディングに比べると倍以上の大きさですので、使用する材料も大量になってきます。
 
なにより、仕上げ面が幅広くなるので仕上げを行う際に波が起きないように注意しなければなりません。
 
色は硬化後に外壁と同じ色で塗装を行う為ホワイトですが、必ず変性素材のシール材を使用します。
 
シール材は基本的に硬化後に塗装を行うことができない為、変性素材を使用する事で後塗装を可能にしているのです。
 
今回の作業で完了できませんでしたので次回の作業で仕上げたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声