塗装現場レポート

千葉県八千代市にて雨どい塗装!

2019.8.3

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県八千代市内のお客様邸にて外壁塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回から中塗り、上塗り作業を並行して進めておりますので今回も引き続き塗装工事を行なっていきます。
 
メインの外壁部の塗装は殆どが完了しており、残すところは小さな部分の補修や、壁以外の付属品等です。
 
そこで今回は雨どいの塗装についてご説明させて頂きます。
 
雨どいは屋根に降った雨を排水させるための設備です。
 
昔の日本家屋では銅製の雨どいが多く使用されていましたが、近年の住宅において主流は塩化ビニル製の雨どいです。
 
この塩化ビニル製品というのは軽量、安価、大量生産が可能という素晴らしいコストパフォーマンスを持っているのですが、こと耐久性になるとクエスチョンマークが出てきます。
 
理由としては紫外線に強くない為色が抜けやすく、天日にさらされ続ける事で耐久性も低くなるからです。
 
そこで今回は補修、塗り替えを行いました。
 
艶ありの黒で仕上げましたのでかなり高級感がでました。
 
その他の工事も完了する事が出来ましたので、次回足場の撤去等進めていきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声