塗装現場レポート

千葉県千葉市にて防水工事!

2019.7.16

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県千葉市内のお客様邸にて外壁目地部シール材の打ち替え工事のご依頼を頂きました。
 
シール材って何?
 
と疑問に思いますよね。
 
ここでいうシール材とは、外壁のサイディングを貼っていく際に出来る目地部分から雨水などが侵入して来ないようにする為の素材のことです。
 
一般的にはコーキングと呼ばれており、大手ホームセンター等でも手に入ります。
 
今回はそんなコーキングの打ち替えを行なっていきます。
 
元々目地に打ってあるコーキングをカッター等で剥ぎ取り、目地部分を剥き出しにしてしまいます。
 
この時に必ず残りカス等が目地内に残らないよう気をつけます。
 
残りカスがあると、新しく打つコーキングが目地にしっかりと密着せずに、雨漏りの原因になってしまうからです。
 
その次に養生です。
 
マスキングテープや紙テープを使い目地に沿って外壁に貼っていきます。
 
外壁は凹凸があり、密着しにくいのできちんと張り付くようにシーラーを塗り、養生を行います。
 
一日かけて撤去、養生を行いました。
 
次回からコーキングを打っていこうと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

  千葉のお客様の声