塗装現場レポート

千葉県千葉市にて外壁面の防水工事!

2019.7.8

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県千葉市内のお客様邸にて外壁塗装工事、それに伴う防水工事をご依頼頂きました。
 
前回までに既存のコーキング撤去が完了していましたので、防水工事に入ります。
 
まずは、目地部分の養生をマスキングテープを使い行なっていきます。
 
目地に沿って真っ直ぐに貼っていきます。
 
この時にポイントとしては目地丁度の所でマスキングテープを貼るのではなく、両方数ミリ隙間を作ってあげます。
 
こうする事で外壁の表面にコーキングがしっかりと密着し、雨水の浸入を効果的に防いでくれます。
 
養生後にシーラーと呼ばれる下地材をハケを使い塗布します。
 
このシーラーという下地材は、塗装面とコーキングが綺麗に密着させる為の塗料です。
 
シーラーを塗らずにコーキングを打ってしまうと、初期は良いのですが、後々の経年劣化に伴い、コーキングが目地部分から浮き出て来たり、自然と剥げてしまったりします。
 
その為には一度下処理としてシーラーの塗布が大切なのです。
 
塗布後、コーキングを打っていき無事に外壁面の防水工事は完了しました。
 
明日以降外壁塗装工事に移行していきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

  千葉のお客様の声