塗装現場レポート

千葉 外壁 屋根 塗装 見積り 雨漏り 外壁修繕 屋根修理

2019.5.8

本日はよく晴れた気持ちの良い日でしたね。屋根の上は汗ばむくらいの日差しがありました。千葉市にお住まいのH様邸での塗装も今日が最終日です。

基本的な天然のスレートや瓦屋根は塗装の心配はありませんが、それ以外の屋根材には塗装が必要です。ご自宅の屋根が必要な屋根材ということがわかったら、次に知りたくなるのは塗装のタイミングですよね。
結論から言うと、新築から10年経過した時点で屋根の塗装が必要になります。
化粧スレートやセメント瓦、ガルバリウムやトタンなどの耐用年数は20年から30年なので、1回もしくは2回塗装をしたら葺き替えが必要です。

屋根材自体は塗装で寿命を若干延ばしているものの、屋根材の下にある防水シート(ルーフィング)の寿命は20年前後と言われていますので、いくら屋根材を長持ちさせても防水シートが劣化してしまえば雨漏りしてしまうからです。

10年以上経過して20年近く、屋根材をメンテナンスをせずに放置した場合は、残念ながら塗装をしても、費用対効果が得られるほど屋根材の寿命を延ばすことはできません。
新築から20年間点検をしていない屋根は、一度専門業者に点検をしてもらい屋根材だけではなく防水シートなどの劣化を確認しておく必要がありますよ。

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声