塗装現場レポート

千葉市にて、軒天、破風などの付帯部塗装 外壁塗装 屋根塗装

2019.1.28

外壁塗装付帯部塗装

千葉市にて、軒天、破風などの付帯部の塗装を行いました。
こういった付帯部は、お客様は見落としがちですが、住宅にとってはどちらも大切な場所です。

 

破風板は屋根の中に下や横から風が入り込むのを防ぎます。
また、激しい雨や台風の際の雨水の吹き込みも防止します。

他にももともとは防火のために作られたものでもあります。
今では、雨どいの金具を打ち付ける下地となっています。

また、軒天も同じく、防火のためでもあり、屋根裏を見えなくするための役割も果たしています。

 

いずれも、通常の外壁よりも劣化が進んでいるケースも多く、外壁塗装や屋根塗装の際、必ずと言っていいほど、施工したほうが良いです。

 

最近は軒がない(短い)家も増えてきましたが、軒天がある場合は見積の時に見落とさないようにしましょう(お客様が見落としていても、だいたいは塗装屋さんから言われますけどね。)

 

外壁塗装、屋根塗装、住宅の修繕、外装リフォームのことなら、四葉建装へお気軽にご相談下さい。

  千葉のお客様の声