外壁塗装の施工事例

千葉県市川市真間 外壁塗装 屋根塗装 シーリング工事 付帯部塗装

  • Before

  • After

担当からのコメント

F様邸の施工事例になります。

F様邸のモルタル外壁には剥がれやひび割れが数カ所見受けられましたので、まずはそちらの補修を行いました。

下地モルタルにプライマーを塗布し、シール剤を欠損部分とコーナー部分にしっかり打ち込み、均します。

補修箇所が目立たないよう、既存外壁の模様にしっかりと合わせました。

万能ガンを使い、同一の模様になるように吹き付け、凸部をローラーで潰し平らにし、仕上げて行きます。

補修工事が完了し、続いて外壁塗装に入りました。

まずは、下塗り作業からです。

ひび割れ追従機能や、中性化防止機能も兼ね備えるパーフェクトフィラーを、今回は下塗り材としてムラなく塗布しました。

下塗り材がしっかりと乾いた事を確認し、上塗り作業へと入って行きます。

今回使用した塗料はパーフェクトトップです。

上塗り1回目、塗布量を守り、ムラなく塗布していきました。

2回目も1回目以上に塗りムラが無ように満遍なく、しっかりと塗り、外壁の塗装が完了しました。

外壁塗装が終わると、屋根塗装に入ります。

まずは、屋根板金部の下塗り作業から始めます。

雪止めなど、金属製の板金部には、シーラーではなくサビ止めを塗布しました。

続いて、棟包みの既存の劣化したシール材を除去し、新たなシール材を充填し、隙間が無いように平らに均しました。

釘頭にも防水シールを打ちこみます。

一見細かい作業ですが、こう言った作業が、今後建物を少しでも長持ちさせる秘訣となります。

屋根補修が終わり、塗装に入りますが、まずは外壁同様に下塗りを行いました。

屋根の下塗りに関しては、塗料の吸い込みが激しい場合、もう一度塗り重ね、塗布後に濡れ感が出るまで塗布して行きます。

屋根塗装の上塗り材は今回ファインパーフェクトベストを使用しました。

塗布量を守り、塗り残しが無いようしっかりと塗布しました。

2度目も1回目同様、塗布量を守りムラの無いように塗りこみました。

最後に付帯部塗装を完了させ、今回の全施工が完了しました。

施工内容外壁塗装 屋根塗装 モルタル補修 シーリング工事 付帯部塗装
使用材料ファインパーフェクトベスト  パーフェクトトップ
工事日数17日間

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  千葉のお客様の声