外壁塗装ブログ

塗装工事は何日? 工事期間中の過ごし方

2022.3.16

塗装工事は何日? 工事期間中の過ごし方 (3)

大事なマイホームが汚れてきた、ひび割れている、屋根の劣化が心配となれば、塗装工事が必要です。

屋根や外壁塗膜の劣化を放置すれば、ひび割れなどから雨水が侵入して内部の部材が腐食してしまう恐れがあります。

何よりも、お住まいはいつも綺麗でいたいものですよね。

 

塗装工事というのは、ただ古くなった建物に塗料を塗るというわけではありませんので、それなりに日数がかかります。

この記事ではどのような工程で塗装工事がされるのか、何日くらいかかるか、工事期間中の過ごし方までご紹介します!

 

【塗装工事の工程を解説!】

塗装工事は何日? 工事期間中の過ごし方 (1)

 

工期をご案内するうえで、まずはどのような工程で工事を行うかご紹介します。

どの作業もお住まいを保護する為に重要な工程です。

  1. ①足場の設置・・・職人の安全性の確保や、しっかりした作業場を作る事で職人が手元に集中できるので仕上がりにも影響します。
  2. ②高圧洗浄・・・お住まいに長年蓄積されていた汚れやカビ・苔などを業務用高圧洗浄機で除去する作業です。不純物が残ったまま塗装すると、下地と塗膜との間に物が挟まる事になるので、塗膜の早期剥離に繋がります。
  3. ③養生・・・塗装しない窓や土間などをビニールシートやマスキングテープを使い、塗料が飛散しないよう保護します。
  4. ④劣化補修・・・ひび割れ補修やシーリング工事をします。
  5. ⑤ケレン作業・・・旧塗膜やサビを除去し、塗装面の素地調整をします。
  6. ⑥下塗り・・・下地と仕上げ塗料の密着力を高めたり、塗装部に仕上げ塗料が吸い込まれるのを防ぐ下準備の塗装です。
  7. ⑦中塗り・・・仕上げ塗料の塗装1回目です。
  8. ⑧上塗り・・・仕上げ塗料の塗装2回目です。
  9. ⑨養生バラし・・・養生していたビニールシートやマスキングテープを剥がします。この時、塗料の滲みや塗り残しがないか確認し、修正します。
  10. ⑩最終確認・・・現場管理者が仕上がりを確認し、更にお客さまにも気になる点がないかご確認いただきます。
  11. ⑪足場解体・・・足場を解体して工事完了です。

想像していたよりも工程が多いのではないでしょうか。

どの作業も欠かす事のできない大切な作業です。

 

【工期は何日かかる?】

上記で解説したように、塗装工事には沢山の工程があります。

 

また、塗装工事は屋根・外壁・付帯部(雨樋や軒天等)を同時に施工する事がほとんどです。

その理由は高所の塗装工事では足場が必須だからです。

足場代は一般的な大きさのお住まいで20~25万円ほどかかります。

工事をするごとに足場代を組み立てていては大変な金額になるので、屋根・外壁・付帯部を同時に施工される方が多いのです。

「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」は、こちらのページです。

 

ただし、使用されている部材の素材によっては塗装が必要ない場合もあります。

外壁のみの塗装だと工期は10日ほど。

屋根・外壁塗装の場合だと工期は14日間が目安です。

塗装工事は何日? 工事期間中の過ごし方 (2)

 

【工期が延長する場合がある?】

塗装工事は先述した約10~14日間より、延びる場合があります。

傷みが激しい場合や、お住まいの大きさによって延びる場合がありますが、天候も関係します。

 

塗装には「塗装ができない条件」というものがあります。

以下の条件に当てはまる場合、塗装する事はできません。

  1. 湿度85%以上
  2. 気温5度以下

雨が降ったり夜露で湿度が85%になったり、寒い季節に気温が5度以下になると塗料が薄くなる為、塗装ができません。

このような場合はやむを得なく塗装を後倒ししなければなりません。

その為、乾燥しやすく、寒くない季節は工事期間が伸びる可能性が低くなります。

 

なお、高圧洗浄など雨が降っていてもできる工程もあります。

 

【塗装工事期間中の過ごし方】

塗装工事期間中、どのような生活になるのかをご紹介します。

塗装工事は何日? 工事期間中の過ごし方 (3)

■室内が暗くなる

塗装工事期間中は養生といって、窓などに塗料が付かないようビニールシートなどで覆います。

更に足場の周りに飛散防止ネットというメッシュシートで覆います。

その為、いつもよりもお部屋に光が届かなくなり、暗くなります。

完全に遮光されるというわけではないので、真っ暗にはなりません。

 

■騒音が発生する

工事期間中はどうしても大きな音が出てしまいます。

塗装工事では塗料を塗る以外に足場の設置、撤去や車両の移動、電動工具を使用する場合もあります。

騒音が発生する時には、ご自宅での生活がしにくい事もあるかもしれません。

なお、ご近所の方にもご不便をおかけする事になるので、着工前にはご挨拶に回ります。

※ご近所へのご挨拶が不要な場合はお申し出ください。

 

■エアコンが使えない場合がある

行う作業によってはエアコンが使えなくなる事もあります。

室外機がベランダにあって塗装が必要な場合はエアコンの使用ができません。

その理由はエアコンを使用すると結露水が出てしまうからです。

他にも高圧洗浄時や作業をする上で危険が生じる場合はエアコンの使用ができない場合があります。

 

塗装期間中、留守にされるのは全く問題ありません。

工事期間中もご自宅にいると大きな音などでストレスを感じてしまうかもしれません。

ただ、工事期間中は足場の周りにメッシュシートを張っているので、泥棒が入りやすい状況になります。

留守にされる際は1階だけでなく2階以上の施錠も必ずお願いします。

 

他にも「こんな時はどうなるの?」「こんな事はお願いしていい?」とご不明点がございましたら、お気軽にお問合せください!

お問合せはコチラ

 

−N−

 

千葉県千葉市|外壁塗装・屋根塗装【(株)四葉建装】

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

千葉のお客様の声